読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

オレオレ詐欺と何が違うのか

ご存知の通り、私はなかなか悲しい社会観を持っています。

 

最近「詐欺」について考えてるんですけど、究極的に言うと、現在の先進国のビジネスってある意味かなりの程度が詐欺なんじゃないかと私は思っています。(刑法学的な厳密な意味の詐欺という意味ではないですよ、もちろん。「うまく騙してる」という程度のニュアンスです。)

 

f:id:katohaya2125:20170516225048j:image

 

 

f:id:katohaya2125:20170516225702j:image

 

f:id:katohaya2125:20170516232723j:image

 

f:id:katohaya2125:20170516232724j:image

 

例えば英会話学校やジムで、たいして続かなそうな人を甘い言葉で騙して入会させたり。

 

いらない保険を勧めたり。

 

もう結婚の見込みがない人に、「ダイエットしてキレイになれば(この洋服を着ておしゃれをすれば)、お金持ちの男性と結婚できますよ」と言葉巧みに騙したり。(ファッション誌やエステ業界ね)

 

タワーマンションに住むことなどに圧倒的な価値があると見せかけて小金持ちのサラリーマンにローンを組ませたり。

 

受かりそうな生徒にはただで授業を受けさせ、明らかに受からない受験生を大量に集めてボッタクる東進ハイスクール。

 

あとちょっと論点がずれるかもしれませんが、銀行が問題がないのに消費者金融が特に非難される理由もよくわかりません。

 

イスラムから言わせると、金利をとってお金を貸してる時点で「同じ」です。

 

私はドストエフスキーの『罪と罰』に出てくるラスコーリニコフの言葉を思い出してしまいます。

 

「あいつが悪くなくて、俺が悪い理由ってなんだよ? やってることは同じじゃないか。」

 

要するに実質的に同じ位悪いことをしてるわけですが、表向きの体裁が違うだけで本人の罪悪感はだいぶ違うという話です。

 

投資や英会話学校などで合法的に人を騙しても文字通り法律的に罪ではないですが、それとオレオレ詐欺の違いは何なんでしょう?

 

林修も西きょうじも、東進ハイスクールの仕組みを知らないはずはありませんが、それでも自分が「騙してる本人」ではなく罪との因果関係が遠いが故に罪悪感を持たなくて済んでいるだけで、そんな大量に騙されてる生徒のおかげで良い生活ができてるという自覚はあるのでしょうか?

 

これは投資家などにも言えますけど。

 

それから我々は当たり前のように牛や豚を食べていますが、自分で動物の首をしめていないから罪悪感を感じずに済んでいます。(これはちょっと違う論点ですけど、「罪との因果関係と罪悪感」という意味ではちょっと似ているのであげました)

 

被害の発生との因果関係が遠くなっているから罪悪感を持たずに済んでいるだけです。

 

あくまで法律の形式的な要件に当てはめたら罪じゃないというだけではないでしょうか?

 

現代社会は、人を騙して余計な欲望を抱かせ、不要なものを買わせることによって経済が成り立っています。

 

「俺とあいつら何が違うんだよ」という言葉が心に響きます。