読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

それは自然の摂理に反している?

遺伝子操作などの生命倫理の話で、「それは自然ではない」といった意見があります。

 

生物として男親と女親がいないのは不自然。

 

体外受精は不自然。

 

遺伝子操作は「偶然性」を排除しているから不自然。

 

etc

 

しかし、私はこういった意見に関してかなり懐疑的です。

 

まず、我々が何を自然と感じるかどうかというのは極めて恣意的です。

 

飛行機が空を飛ぶのも、コンタクトレンズが目に入っているのも、「それが当たり前じゃない時代の人」から見たらとてつもなく「不自然」です。

 

不妊治療が「自然」ならば、遺伝子操作でデザイナーベイビーを作ることはどうしても否定できません。

 

またもう一つの観点から、「自然」について論じたいのですが。

 

そもそも我々の生きている世界は全て自然ですし、我々のような強欲なホモサピエンスという動物が存在していることも自然界で起きてるという意味では「自然」ですし、そのホモサピエンスが遺伝子操作等でやりたい放題やっているのも自然界で起きている事という意味では「自然」です。

 

我々が遺伝子操作でめちゃくちゃになり地球環境を破壊し絶滅したとしても、それも地球という自然環境で起きているという意味で「自然」なことです。

 

たまに自然食品とか添加物という区別をする人もいますが、すべてを元素記号レベルに還元するとあらゆるものは自然食品です。

 

添加物も調味料も全て自然界に存在してるものだからです。

 

「人工的なもの」という言葉もなかなか不思議です。

 

天然芝も人工芝も広い意味ではすべて天然芝です。

 

人工芝も自然世界で生まれたものだからです。

 

「いや、人間が手を加えていないものが自然なんだよ」と言う人もいるかもしれませんが、「本当に人間が手を加えていない自然」なんてただの脅威でしかありません。

 

本当に人間が自然に手を加えないのであれば、芝なんてボーボーでスポーツに使えたもんじゃありませんし、防波堤も作らず津波が来ることも「それが手を加えてない自然の姿」として甘受しないといけませんし、だいたい牛肉もミルクも自然に任せていたらとても現在の地球の総人口を賄えものではありません。

 

我々自然界の動物が自然界でやってることなんですから、そもそもあらゆるものは「自然」のもので、「人工的」という言葉が意味してるものが私にはよくわかりません。

 

「自然の摂理に反している」という言説はなかなか摩訶不思議なのです。