読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

承認を計算しよう

人間の幸福と他者からの承認は、完全にイコールではないにせよかなりの程度相関があると思います。

 

われわれは広い意味では何かしらの承認を求めて生きています。

 

私がブログを書いているのもどこかで皆さんに認めて欲しいからでしょう。

 

もちろん純粋に人に伝えたいことがあるとか純粋にコミニケーションを取りたいという面がないわけではないですが、やはり嘘・偽りのない本音として、人から認められたいから文章書いているところが間違いなくあります。

 

そしてこれはどれだけ偉い作家だろうが大学教授だろうが本質的には変わりません。

 

ところで、承認が人生の大きな目的である事は私のブログの読者の皆さんであれば同意していただけると思いますが、人間という動物は、未来の承認のためには現在の侮辱にも耐えたり、その逆もあったりします。

 

例えば、芸能人として売れる前の下積みとして飲食店でアリのように働いたり、一生恥をかかないように浪人して希望の大学を目指したり。

 

これは未来の大きな承認のために、現在の承認を犠牲にしてるということです。

 

これは現在・未来といった時間軸ではなく、空間軸もあります。

 

商社で窓際族として苦渋をなめている人間も、なぜ辞めないのかと言えば、結局「窓際族としての屈辱(マイナスの承認)」を上回る(プラスの)承認が会社の外で得られるからでしょう。

 

人間は時間意識が極めて発達した動物ですから、「いつどこで承認されたいか」をコントロールすることができます。

 

しかし、私が他人を見ていてちょっと不思議になるのは、より大きな承認を求めて現在の屈辱や恥辱(この投稿では「マイナスの承認」と表現します)に耐えるのはそれ自体理解できるのですが、その大きな承認が完全に目的化してしまうことです。

 

婚活中の女子やMBA等資格のために頑張っている男性などが典型ですが、大きな承認を求めるあまり、逆にあまりに日々不幸になってしまっては元も子もありません。

 

ブランド物を買うために風俗店で働く女性とかも何か「人生の主従」を履き違えてるような気がします。

 

私も人生で色々とやりたいこと自体は無限にありますが、そのいくつかは断念しました。

 

理由は単純です。

 

あとで得られる承認よりも、そのプロセスにおけるマイナスの承認の方が大きいと計算したからです。

 

逆に私は浪人しましたけど、1年間余計に勉強するマイナスの承認<出身校で恥をかかない(ちょっとは自慢できる)承認、だと判断したからです。

 

1年が5年ならおそらくやっていなかったでしょう。

 

これも計算ゆえです。

 

上の例に則して言うと、もし

 

ブランド物を買うことによる承認>風俗で働くマイナスの承認

 

ならば、より大きな承認のためにマイナスの承認を耐え忍ぶのもアリかもしれませんが、普通に考えたらこの不等号は間違ってますよね。

 

しかし、人間は不思議なことに、本来承認の手段でしかないものすら「人生の目的」のように自分で自分を思い込ませるところがあります。

 

タワマンやブランド物、社会的地位等は所詮自分の承認を満たすための手段でしかありません。

 

しかし、一度それが欲しくて欲しくて仕方なくなると、上司に死ぬほど侮辱され、一緒にいてイラっとする同僚ばかりの職場環境でも、ただ「社会的地位が高いから(タワマンに住みたいから)」といった理由でなぜかマイナスの承認を受け入れてしまうのが人間です。

 

女性も「お金持ちだけどブサメンで性格が最悪で自分勝手な旦那」でも耐え忍ぶのは、周りの女性から承認されるためでしょうが、毎日家庭で不快な思いをしてマイナスの承認を増幅させてまで周りの女子からうらやましがられたのでしょうか?

 

私には不思議で仕方がありません。

 

こういった思考回路は明らかに自分の人生にとってマイナスである事は否定できないのですが、多くの人は「そこまで大きくない未来の承認」に向けて、なぜか現在のマイナスの承認に耐えてしまっています。

 

繰り返しますが、人生の目的の上位概念をたどっていくとすべての目的は承認であり、医者になるとかタワマンに住むとか、それ自体は「人生の目的」ではありません。

 

家族といて楽しいとか、食事やセックスが楽しいとか、趣味が楽しいとかそういったプリミティブな喜びはちょっと別として、人生の究極の目標が他者からの承認にあるとすれば、「承認のためのルート」に過度にこだわるのは問題です。

 

(ちなみに、私がここで言っている「承認」はかなり広い意味で捉えています。「社会貢献して充実感があってうれしい」とかも広い意味では他者からの承認を求めていると言えなくはないので。人間が社会的な動物である以上、完全に他者の目を抜きにした幸福などあり得ませんから。)

 

「承認のための一ルート」でしかないものも目的だと勘違いしないように気をつけましょう。

 

psちなみに、実は承認のさらなる上位概念は幸福です。

 

究極的に言えば他者から認められなくても自分が幸福感さえあればいいわけですからね。

 

ただ、普通の人間は他人から認められたいというだけで、別に将棋やテレビゲームをしてるだけで楽しかったりすればそれはそれで幸福なわけです。

 

これについてはまたいつか。