読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

命の次に大切なもの

このブログで何度か言ってる事ですが、私は命の次に大切なものは時間と健康だと思っています。

 

(というか命そのものが時間とも言えるので、「つぎ」という表現が適切かどうか分かりませんが。)

 

世の中にはなかなか本末転倒な働き方をしてる人がいて、老後のためにやたらと頑張ったり、寝る間を惜しんで仕事をしたり、健康を害して寿命を縮めながら仕事をしている人がいます。

 

しかし、私から言わせるとこういった働き方は人生の目的と手段を勘違いしてるとしか思えません。

 

もちろん、そもそも生きるためにはお金がある程度必要ですし、お金があることで自由になれることもたくさんあります。

 

しかし、やはり人生でもっとも大切なものは時間であり、健康体であり、その時間を充実させるための手段がお金だと思った方が良いでしょう。

 

また、老後のためにお金を貯めている人も結構います。

 

もちろんある程度万が一のために備えることが必要ですが、人間いつ死ぬか分からない以上、30年後も当然生きてるという前提で現在の時間を犠牲にして老後に備えるというのは不思議です。

 

繰り返しますが、人生でもっとも大切なのは時間と健康です。

 

あらゆることは、その時間を充実させるための「手段」であると心得るべきでしょう。