読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

定量化のその先に

ビジネスでよく「定性的ではなく定量的に考えよ」というアドバイスを耳にします。

定量的とは文字通り数量化です。

「速い車」ではなく「時速120キロの車」
「身長が高い」ではなく「身長180センチ以上」
「頭の回転が速い」ではなく「IQ112以上」

etc

私も何かものを考えるときにある程度定量化するように心がけていますし、できることなら定性的ではなく定量的に考えるべきでしょう。

議論が錯綜してる時はとりわけ定性的ではなく定量的に考えるべきです。

しかし、人生の本当に大切な事は何一つ定量化できません。

「人生の意味とは何か」
「いかに生きるべきか」
「どうすれば好きな人と長く一緒にいれるか」
etc

こういった「人生の本当に大切な事」は何一つ定量化に馴染みません。

自分の頭を使って考え抜くほかないのです。

数字も論理も何の役にも立ちません。

昔、数学の授業を受けていた時に教師が、「人類は数学以外に完全に厳密に議論できる言語を持っていません」と高らかに語っていました。

もちろん彼は数学の素晴らしさを説きたいだけですから罪はないのですが、はっきり言ってめちゃくちゃ浅いですね。

現実や人間の複雑な世界から、定量化できる部分『だけ』を抽出したのが物理学や数学ですから、そもそも成り立ちからして厳密で正確なのは最初から分かり切ってる話です。

繰り返しますが、人生のほとんどの問題は定量化できますが、人生の本当に大切な事は何一つ定量化できません。

ですから、標語的に言えば、

まずは仕事でも日常でもあらゆることを定量化せよ。そして、その先の定量化できない世界について考え始めた時に、本当の哲学や思考は始まる。

このように私は考えています。