読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

勉強することのメタレベルでの意味

こないだ紹介しましたが、私は大学受験生や語学の学習者のために専用のブログも書いていますが、このブログで書いていることとやはりちょっと違うんですよね。

 

私は勉強や受験といった狭い了見を超えた「社会科学としての教育思想」というレベルでものを考えているつもりですが(とは言え学術論文ではないのでもちろん知れてますけど)、そうなると現行の受験システムや教育制度についてある程度批判的にも考えたくなります。

 

まぁ私の存在が限りなく社会的に意味がないことを考えると、私が教育思想について論じたところでその意見が文部科学省によって採用される可能性はほぼゼロですから、このブログで語ることにどこまで意味があるかどうかは怪しいわけですけどww、とにかく私は教育について色々と思うところがあるわけです。

 

しかし、受験生向けのブログでは「禁欲」していかに現行制度で勝ち組になるかどうかについて「だけ」論じています。

 

ですから正直に申し上げてものすごく言っている事は浅いですし、見方によってはくだらないとすら思います。

 

同じ人間が論じているのになぜここまで言っていることが違うのかと言うと、思想レベルで考える時と現実的な受験生のアドバイスをする時だと、「前提」の受け入れ具合が違うわけです。

 

「べき論」で考えると、今の大学受験ははっきり言ってやばい。笑

 

特に文系はくだらなすぎて呆れてしまいます。

 

高度経済成長期と全く前提となる価値観が変わっていないからです。

 

高度経済成長期に必要な理想の人間像とは

 

「決められたことを寸分違わずに期限までにやりぬく人間」です。

 

これが現行の受験制度のモデルになっています。

 

官僚であり工場労働者です。

 

要するに、たいして頭を使わずに人から言われたことを期限までにやり抜く能力がある人間が優秀だと見なされているわけです。

 

こういった前提をもとに今の入試制度や教育制度は成り立っています。

 

21世紀のAI時代にこんな20世紀的な入試をずっと続けているなんて頭がおかしいとしか思わないんですけど、なにせ今の社会で上に立っている人間というのが一流大学の人間ですから、基本的に「自分たちを肯定してくれる価値観」を否定するような試験制度はなかなか受け入れ難いのでしょう。

 

自分を勝たせてくれるルールを否定するってなかなか難しいですよ。

 

ドラゴン桜じゃないですけど、今の社会のルールで勝っている人間が自分に都合が良いルールを作ってわけですから、なかなか社会は変わりませんね。

 

ただ、私は現行制度に非常に懐疑的でありながら、「一般論」で言えば低学歴は馬鹿にしています。(例外はありますし、職人系の高卒の方とかで尊敬している人もいますが)

 

矛盾してないかって?

 

いや、全然矛盾していません。

 

理由は単純です。

 

たしかに現行システムの中高の勉強は知識や暗記中心で「批判的に考える」要素は極めて少ないですし、「人から言われたことができたら良い」という意味で全然頭を使ってないと思います。

 

しかし、自分の頭で考えるためにはまずある程度の知識がいりますし、「守破離」ではないですが、まずはお手本になるような知識があってこそ批判的な能力も涵養されます。

 

さらに決定的な話ですが、現行制度の中高の勉強はくだらないですけど、結局そこで結果を出さない限り日本のホワイトカラー社会は認めてくれないですからね。

 

結局、日本の学校教育の勉強ができない奴が勉強や学歴について何を言っても「負け犬の遠吠え」になるわけで、そんなことがわかっていながら勉強しないということが頭が悪いんです。(たまに「僕は全然勉強できなかったけどできたほうがいいよね、いろいろ知ってる方が楽しいしできる人は素直に尊敬するよ」と素直に認めるような方もいらっしゃいますが、こういう方はある意味「頭がいい」のです。ちなみにこういった思考回路の人は料理人や美容師とか職人系の人ですね。)

 

別に私は二流大学に行く学力しか持ってないから頭が悪いと思いませんけど、今の日本社会の前提を考えて、「受験勉強をしない」という選択やジャッジをしたこと自体が頭が悪いと思うんですよ。(ハッキリ言いますが)

 

もちろん大谷翔平や亀田兄弟、野沢さん(カリスマ美容師)ぐらい「圧倒的な何か」があるなら別ですけど、そんな能力もないのに受験勉強程度の勉強すらしないことが非常に頭が悪いと思うのです。

 

標語的に言えば

 

学力が低いから馬鹿なわけではなく、学力を身につけようと勉強しないこと自体がメタレベルで頭が悪い

 

わけです。

 

よく「勉強ができるから頭が良いわけではない」と言う人がいますが、私はこの言説に関して普通の人と全く逆の解釈をしてるんですよ。

 

別に勉強ができること自体は大した意味がないわけですが、「たいしてスポーツや芸術といった特別な才能がないのに『勉強しない』という判断をすること自体が死ぬほど頭が悪い」と私は考えてしまのです。

 

「生きる術」というかメタレベルで考える能力がものすごく低いと思うんです。

 

私も時と場合によっては「日本の教育なんて官僚的で全然終わってますよ」と言いますが、それを私が言えるのは私がそれなりに日本の教育の勝利者だからです。

 

全く同じような趣旨のことをこないだ東洋大学の出身者(中退?)の方が言っていましたが、私はこの人が途方もなく馬鹿だと思うのは、「自分のスペックでその発言をしたら周りの人間がどう思うのか」を想像できない点です。

 

東洋大学卒の人間が「日本の教育改革について」といった大上段な話で日本の現行の教育を批判したところで、全く説得力がありません。

 

貧乏人が「人生お金じゃないよ」と言ってみたり、低学歴が「日本の高学歴なんて官僚的で決められた答えが解答できる人間でしかない」と言ったところで、果たして誰が耳を傾けてくれるでしょうか??

 

結局こういったところが「わからない」のが「メタレベルの頭の悪さ」ということなのです。

 

長くなりましたがまとめると

 

日本の教育や受験はくだらないが、そのくだらない現行制度で勝つか、大谷翔平や亀田兄弟のような図抜けた何かがない限り社会はあなたを認めません

 

ということです。


<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TGMIT+1ELV76+2OUO+C03K1" target="_blank" rel="nofollow">

<img border="0" width="300" height="250" alt="" src="https://www21.a8.net/svt/bgt?aid=170416901085&wid=001&eno=01&mid=s00000012552002016000&mc=1"></a>

<img border="0" width="1" height="1" src="https://www15.a8.net/0.gif?a8mat=2TGMIT+1ELV76+2OUO+C03K1" alt="">