読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

理性万能主義について

今日たまたま「男性脳、女性脳なんてそこまでない」という女性研究者の記事を拝見いたしました。

この手の話は分野的には自然科学ですが、ジェンダーやフェミニズム、リベラリズムといった人文系のテーマともクロスする極めて微妙な分野です。

『言ってはいけない』にも書いてありましたけど、どうも現代の日本社会で「あいつは頭が悪い」、「あいつは論理的ではない」というのはなかなかの侮辱語のようなので、あまり本当のことを言っていると批判されてしまいます。

「女性は男性より体脂肪率が高い」、「女性は男性より体毛が薄い」というのは侮辱語にはならないわけですが、「女性は男性より論理的思考が苦手である」とは言ってはいけないようです。

「女性は男性より体脂肪率が高い」も「女性は男性より論理的思考が苦手である」も論理構造としては一緒ですが、前者は許容されても後者は許容されません。

これは何故かというと、論理や知性というものが現代世界で過剰に評価されているからなのです。

本当に大切な事は侮辱してはいけないのです。

こういったドグマがその女性研究者の結論にたいしてものすごく影響を与えていると思います。

「女性が男性より論理的ではない、という結論が決して出ないようなデータを集めよう」というバイアスがかなり混入しています。

二流の科学者で勘違いしている人がいますが、人間の目を離れた客観世界というのは存在していません。

あくまで人間が言語で解釈してるから自然界も存在してるわけです。

「客観的なデータ」など存在するはずもなく、あくまでも人間の解釈が必ずデータには混入します。

高校生の成績を比較しても、最上位レベルでもやはり女の子はかなり数学ができませんし、これは申し訳ないですけども、「女性は論理的ではない」と言われても仕方ない話です。

それでもこういった「本当の話」を『言ってはいけない』のは、それが現代社会で過剰なまでの価値を持っているからでしょう。

生物レベルで考えたら、人間の論理思考等は「恐竜の爪」や「魚のえら」、「キリンの首」と同じ程度の意味しかありません。

ホモサピエンスは「巨大化」ではなく「脳化」を自然選択の段階で選びました。

その結果として我々の社会では頭が良いことが評価されてますが、別に論理的な思考ができるというのは「恐竜の爪」と同じようにそれが生存に有利だから、という程度の意味しかなく、それぐらいマクロに相対化して考えたら、そもそも論理的だろうがなかろうがたいした意味はないのです。

ただ、近代以降、たまたま理性や論理が非常に力を持ってきたというだけです。

論理的でないことに過剰に反応してしまうというのは、現代社会の病理でしょう。

そしてその病気の原因を人間の歴史レベルと生物レベルで考えたら、全てが氷解します。