読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

都会人の働き方について

都会人の働き方は「本末転倒」という言葉がぴったりです。

マッサージやリラクゼーションといった癒し商売やメルセデスやタワマンといった見栄張り商品のために疲れているからです。

肩が凝るほど必死に働いてマッサージやラクーアに行くとか。

メルセデスやタワマンをゲットするために夜遅くまで働いたり。

何か根本的に間違ってるとしか思えません。

マッサージに行って癒されるために働いてる。

いかに滑稽なことか気がつかないといけないでしょう。

私から言わせると、本来家族なり趣味なり日常の中に見つけるものが「癒し」であり、わざわざ癒しを求めてマッサージなり温泉なりに行くというのはちょっと本末転倒です。

しかし、他者の相対評価で評価される旨味を覚えたり、人に自慢することが生きがいになると、こういった生き方が滑稽だとわかっていてもなかなか抜けだせないのでしょうね。

東京は蟻地獄です。