読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

人生について

ちょっと人生に絶望した人みたいなこと言いますけど。笑

人間、生きている時間の中で「幸せな時間」より「辛い時間」のほうがずっと多いと思います。

私なんかだいぶマシな方なんだろうけど、それでも朝から晩まで生きていて「楽しい瞬間」なんて数えるほどしかありません。(オナなんとかと食事だけは絶対的に楽しい瞬間ですけど)
それでも人は生きなくてはなりません。

楽しい瞬間のためにマジョリティーのつまらない時間を過ごすのが人生なのでしょうか。

それともあらゆる瞬間に楽しさを見いだすべきなんでしょうか。

ちょっと考えたりします。

そして究極的に人は100%死にます。

われわれは生まれた瞬間から「100年以内に死刑を執行される囚人」として存在しているのです。

消えてなくなるとわかっているのに、人は何のために生きるのか。

死ぬまで考え続けるんでしょうね。