読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

ごっこ遊び

オママゴトに代表されるように、人は幼少期に「ごっこ遊び」にハマります。

「ごっこ遊び」を社会学的に考えてみるとなかなか面白いですね。

ご存知の通り、パーソナリティーの語源はペルソナ(仮面)です。

よく「ありのままの自分」、「本当の自分探し」と言う方がいますが、こんなものは全て虚構です。

人は様々な他者と出会いますが、それぞれの対人関係において独特の仮面を被ります。

例えば、T畑さんは

おうちでは子煩悩なパパ
Twitterでは過食弁護士
Facebookでは知識人
弁護士としては大事務所を経営する辣腕弁護士

というように、様々な役割を演じています。

どれか1つを取り出して「本当のT畑さん」とは言えません。

ゴフマンという社会学者は、「ドラマトゥルギー」という術語でいみじくも語りましたが、人間は役割を演じる動物です。

学校において、会社において、風俗の待合室においてetc

人は様々な役割を演じますが、どれが本当ということもなく、それぞれの役割を使い分けるのが人間なのです。

そういった他者との関わりにおいて微妙に自分のキャラクターを変えるという練習として、「ごっこ遊び」はなかなか大切な意味合いを持っているような気がします。