読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

結局、全ては自己満足

私はよく「人間の行動はかなりの程度承認を志向している」と言っていますが、実は冷静に考えてみると、ほとんどのケースでは「他人が自分を承認している」と勝手に自分が思っているだけですよね。

承認はまだしも、「バカにされる」かどうかなんて自分の満足度で決まります。

どれだけ内心馬鹿にしていても大人は普通面と向かって人を馬鹿にするようなことは言わないですから。

承認も軽蔑も全て「他人がきっと承認(軽蔑)する」と「自分が」勝手に思ってるだけで、自分の評価が実は全てです。

ファッションなんかが典型ですが、他人の評価を気にしているようで実は「他人はきっと自分をどのように見るのだろうな」と「他者」を通して自分を見ているわけです。

かっこつけた言い方をすれば、「他者」というプリズムを通して「自己」を見ているわけです。

私なんか常に「こんなことしたら人に馬鹿にされる」と考えて生きていますが、そのほとんどはただの杞憂で「自分が想定している他者」の自分への評価なのです。

承認や軽蔑もつまるところは全て自己満足ですから、自分の世界だけで全てが完結してる人は本当に幸せだなと思いますね。