読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

頭がいい、という承認

こないだもアフィリエイト広告で英語や資格、塾等の単価が高いというお話をしましたが、これは結局「頭がいい」ということを現代の日本人がものすごく重視してるということなんでしょう。

それが自分の中でデフォルトの人はあまり気づかないかもしれませんが、資格や教養、学歴といったものはそれがない人から見ると「とてつもなく欲しいもの」なのです。

世の中には様々な承認の要素があります。

「背が高いね」
「お金持ちだね」
「アソコかたいね」
「努力家だね」

いろいろな承認がありますが、現代人が褒められて最も嬉しいポイントの1つが「頭が良い」という価値です。

私なんかはそこそこ英語が話せますから、クラブなり六本木なりで英語を話していると、「わあ、英語話せるんだ」みたいな反応になります。

まぁ実際大した事は話してないんですが、それでもちょっと英語を話せるだけで承認されるわけですけど、この承認の嬉しさというのは、タワマンや車を褒められるよりずっと嬉しいものです。

「ブログ(本)面白いですね」という承認もやはりお金を褒められるよりずっと嬉しいです。

同じように、酒の席で「実は私医者です」、「実は私東大です」、「実は私京大です」というだけでとてつもなく尊敬されたり承認されたりします。

この承認もやはり他のことを褒められるより圧倒的に嬉しいと思います。

これは私の主観もあるのかもしれませんが、頭がいいという承認は現代社会で圧倒的な価値を持ってると思います。

どれだけ億万長者でも馬鹿だったら恥ずかしいと内心思ってるはずです。

特に男性に関しては。

私の友人で本当にこの人は富も名声もすべてを持ってるんじゃないかという位の人がいますが、そんな彼が最後に求めたものは「高田馬場にあるW大のMBA」。笑

どれだけ仕事で評価されてもお金を持っていても美人の奥さんをもらいかわいい子供が生まれても、「『完璧な人生』のパズルの最後のピース」は何とも情けないことに「W大の学位証」だったのです。笑

彼はどれだけ仕事ができてどれだけお金を持っていてもそのピースだけは欲しくて欲しくて仕方なかったんでしょう。

やはり「頭が良い(を厳密に定義すると難しいのでここでは一応「世間がそう思ってる」という程度にお考えください)」という承認は皆さんが死ぬほど欲しい承認です。

まぁこれも原始時代や戦国時代なら違う価値が評価されていたわけで、現代社会ではそういった価値を重視するのは「たまたま」であると頭の良い人間も謙虚になるべきですが、そうは言ってもいかんせん教養や語学力などはとてつもない価値を持ってるわけです。

広告の単価でわかる、現代社会の価値観について。