読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

年収と社会的地位という『いかにもやらしい』話

私がなかなか不思議だと思ってることが一つありまして。

たびたび私が申し上げてますように、日本社会(というか先進国の社会)では、どの親も子供の成績や進学先などに異常なほどの関心があります。

それは勉強ができれば圧倒的に富をつかむのに有利だからです。

そのように考えると、あくまでも目的は金であって、勉強は手段であると言えそうです。

たしかに一流大学の卒業生の平均年収は1000万円を超えます。

ですから、「教育熱心」というのも、「学問的に優れた人間になってほしい」というより、要はほとんどの人間は浅はかですから、「将来の年収のための勉強」という色彩が強いと思います。

しかし、面白いと思うのは、年収とはまた別に「社会的地位」という年収と関係があるようなないような微妙なレイヤーがある点です。

ざっくりと言えば年収と社会的地位というのはもちろん比例してるのですが、あえて「限界事例」を持ち出すと、なかなかその関係はややこしかったりします。

そしてそれを深く考えてみると、「年収のための教育」とは別個のレイヤーやカーストがあることに気づきます。

以下の比較でどちらがいいか、はなかなか微妙でしょう。

整形外科の開業医で年収5000万円か慶應医学部の教授で年収1500万円か。

帝京平成大学の教授で年収1000万円かカリスマ予備校講師で年収5000万円か。

財務官僚で年収800万円か歯医者で年収5000万円か。

三井物産で年収1500万円か焼鳥屋のチェーン経営で年収5000万円か。

慶応卒サラリーマンで年収800万円か日大卒経営者で年収2000万円か。

これらの比較をすると、「どっちのほうがいいか」はかなり人によって分かれるのではないでしょうか。

原則として年収と社会的地位は比例していますが、こういった思考実験のための限界事例を持ち出すと実は年収とは別に社会的地位という確固たるファクターも存在することに気づきます。

社会的地位というと俗的な感じがしますが、社会学で「職業威信」というタームがあるくらい社会的地位というのは人間社会にとって必要なものです。

こういった限界事例だとお互いのマウンティング合戦もかなり巧妙にやらないとブーメランのように帰ってきます。

お金と社会的地位の関係というのもなかなか複雑ですね。