読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

印象や感情ですべて決まっているいう話

私はロジカルシンキングとか論理とかを強調する人間はもれなくバカだと思っていてw、人間の生きている時間で「論理」云々で考えてる時間など1割あるかないかだと思っています。

恋人や子供と話してる時。

飲み会のバカ話。

セックスの最中。

すべて、人間は感情で動いてます。

「人間は感情や印象で最初から結論が決まっている」というのが人生の真理です。

イケメンが言うのとブサメンが言うのでは、同じ発言でも全然違って聞こえます。

美女が言うのとブスが言うのでは、最初から視聴率200倍ほどの差があります。

一流大学卒の人間が言うのと二流大学卒が言うのでは、同じ発言でも全然違って聞こえます。

「違って聞こえる」くらいならまだいいですが、「真逆」に解釈されてしまうことすらあります。

同じように強引に女の子を口説いても、イケメンなら「あの人は押しが強い❤️」となりますが、ブサメンが同じことをしたら「キャー、ストーカー、やめて」となります。(実話)

美人が「お寿司おごって」と言っても許されますが、ブスが同じことを言ったら、・・・以下自粛(実話)

東大卒の人間が、社会や思想を女の子に高らかに語ると「やっぱり頭いいなぁ❤️」となるのが、同じ発言でも明治卒がしたら「インテリぶってんじゃないよ💢」となるわけです。(実話)

人間社会は不平等なもので、同じことをしても許される人間と許される人間がいます。

同じ発言をしても真逆に解釈されることすらあります。

人間は感情的に最初から判断の結論は決まってるのです。

「こいつがどれだけ偉そうなことを言ってもテコでも聞かない」と感情的に思ってしまったら、その感情を動かすのは論理では不可能です。

例えば私は、伊賀泰代、佐藤優、成毛真あたりの言う事は聞く気にはなれませんが、それは理屈ではなく感情なのです。

佐藤優や伊賀泰代の顔で何を言われても感情的に聞く気になりません。(逆に姜尚中や伊藤真さんのようなイケメンの言う事はちょっと聞いてみようと思います。なんというか、いくら同性とは言え基本的に人生肯定されてない人間の言う事はどうも聞く気になれません。笑)

そしてこれは「聞く気にならない」という「感情」ですからどれだけ理屈で「佐藤は素晴らしい」と説き伏せられても全く無意味です。

人間の行動など、9割方は感情や印象で動いています。

人の言うことを聞くかどうかは話す前に決まっているので、人を説得したかったら、相手の印象操作をする方が論理的なプレゼンよりよほど効果的です。

人間は感情が全て、です。