読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

嫌いな人間は自分の鏡

嫌いな人間をよく分析していると実は自分によく似た人間であることに気づきます。

「嫌いな人間は自分の鏡」です。

嫌いな人間は

・自分が嫌いな自分の性格を持っている人間
・昔自分が持っていた欠点を持っている人間
・自分が本当は欲しいものを持っている人間

だと定義できそうです。(ま、本当に単純に嫌いな場合もありますけどw)

私は基本的に生意気な輩が嫌いなんですが、これも冷静に分析してみるとあろうことか私が生意気だからでしょう。笑

私は基本的にジコチュー人間が大嫌いですが、これも冷静に分析してみるとあろうことか私が稀代のジコチューだからでしょう。笑

私は傲慢な輩が嫌いですが、これもあろうことか、私の全てがそうではないにせよかなりの程度私が傲慢だからでしょう。

私は自己顕示欲や承認欲求が強い人間を見ていると吐き気がしてきますが、これは、あろうことか、私も人並み以上の自己顕示欲や承認欲求があるからでしょう。

自分が嫌いな人間を分析してみて下さい。

自分が嫌いな性格を持っている人間ではないでしょうか?

また、自分が本当は欲しいものをちゃっかり手に入れてしまってる人間ではないでしょうか?(自分より先に出世した、とか女性なら自分より明らかにいい男と結婚してしまった、とかね)

嫌いな人間は自分の嫌な部分や自分の欲しいものを体言しているがゆえに嫌いなのです。

「嫌いな人間は自分の鏡」です。