読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

生きる意味

プラグマティズムが行き過ぎた価値観の人がたまにいます。「目的・手段」という思考回路で人生の全てを考える人です。
「老後にいい生活をするためにいい会社に行く」
「いい会社に行くためにいい学校に行く」
「いい学校に行くために勉強する」
etc
しかし、このような目的手段思考にハマると最終的にとんでもない事実に気づきます。

人生の最後にあるのは100パーセントの死。

目的手段思考を究極まで推し進めると、最終的には「死ぬために生きてる」という訳の分からない話になってきます。

そうではないのです。

生きてること自体のプロセスがすでに「人生の意味」なのです。

厳密には人間の行動に目的も手段もありません。(時と場合によっては便宜的にそれを考えられないこともないですが)

旅行が目的地に着くだけではなくプロセス全てに意味があるように、すべては意味に満ちあふれています。

あらゆる日常やプロセスに意味を見出したいですね。

意味というのは客観世界に存在するものではなく、見出すものだから。