読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

比較

どちらかというと「人と比較する」という言葉はネガティブなイメージに捉えられると思います。

しかし、原理的に言えば、あらゆる思考や認識は比較によって成り立っています。

そもそも言語とは(ってもったいぶった言い方ですが)、世界を切り取ることにより成り立っています。

「机」という言葉は「机とそれ以外」を分けて比較することにより成り立っています。

また、学問の世界も比較法、比較言語というように、常にある対象を別の対象と比較することにより真理に到達するようにできています。

比較というのは別の言い方をすると相対化です。

ちょっと卑猥な話ですが、今まで1人の人としか性行為をしたことがない女性に聞いたところ、「夜の相性」なるものはわからないみたいです。

1人の人としか経験がなければそれが果たして良いのか悪いのかすら判断の余地がありません。

そのように考えると「比較をしない幸せ」もあるような気もしますし、比較をすることにより見えてくる世界もあるような気がしますし、比較とは本当に難しいものですね。