読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

お金に興味がある

私はお金に興味があるのですが、どうやら「お金に興味がある」という表現はかなりミスリーディングなようです。

「貨幣経済の変遷などに興味がある」という意味で「お金に興味がある」と私は言ってるんですが、どうやら「お金儲けが大好きです」というニュアンスに聞こえるみたいですから。

またもうちょっとマシな意味に誤解してもらうこともありますが、その場合は「マクロ経済や雇用等に興味がある」と解釈されるみたいです。

しかし、私が興味があるのは文明史と貨幣の関係といった「メタレベル」の話であって、世間一般でいう「お金の話」には限りなく興味がありません。

何度か言ってる事ですが、お金は自然界に存在するものではなく、あくまで人間同士の了解があって初めて成立する間主観的な価値です。

一万円札も地球外生命体が見たら「ホモサピエンスの顔と怪しい文字が書いてある紙」でしかありません。(彼らに我々と同レベルのIQがあれば、の話ですけど)

金(gold)も自然界ではただのAuですが(Auって携帯会社じゃないぞ)、それに我々が価値を与えているから価値があるのです。

ある程度お金があるのにお金にとらわれている人は、このあたりまえのfactをまず確認したほうがいいでしょう。

そしてお金というのは「我慢料」である、と私は思っています。

一部の「仕事が生きがい」派の人間を抜きにしたら、ほとんどの人は仕事を嫌々生活のためにやっています。

そういった意味でお金は「我慢料」です。

わかりやすい例えなので卑猥ですが勘弁してほしいのですが、例えばエロい店でお金を払えば3本目の足を舐めてもらえます。

女の子はなぜ舐めるのか?

当たり前ですがそれはお金のためです。

お金のために我慢してるという意味でお金は我慢料です。

飲食店で皿洗いをしてるバイトのコがいますが、これも我慢料としてお金をもらってるわけです。

このように「お金あげるから我慢してね」と貨幣経済は回ってるわけですね。

そのように考えると、AIが本格的に実用化されると、私はあまりお金がいらなくなるんじゃないかと楽観しています。

なぜならば、人間がわざわざ「我慢」する必要がなくなるからです。

人間が嫌なことするから我慢料が発生するわけですから、全く不要になる事はないでしょうけど、これから先貨幣はそこまで必要じゃなくなるかもしれません。

お金に関してこんなことを考えています。