読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

セオリーを守りすぎる日本人

野球の守備に関する記事を読んでちょっと思ったことですが、日本人は良くも悪くも上の人間が言ったことを墨守しすぎる傾向があります。

野球の内野の守備では、「両手で正面で捕球する」のがセオリーです。

しかし、たまに「両手で正面で捕球する」ことが目的化している高校球児をテレビなどで見ます。

時と場合によっては逆シングルで捕球したほうが早く送球できるわけで、「臨機応変」にプレイするのが正解のはずなのですが、逆シングルでミスをすることを恐れてなかなかリスクを取らないみたいです。

これは上司や指導者が絶対的な位置にいて、その指示は絶対だとする日本社会の弊害でしょう。

サッカーのゴールキーパーも、必ず両手で正面で弾かずにキャッチすることがセオリーとされていて、軽く前に弾くような取り方はタブーとされています。

しかし、ガッチリ取りに行こうとして大きくファンブルする位なら軽く前に弾くキャッチングも許容したほうがいいと思うのですが、あまりそういう指導者はいません。

野球の守備同様に、ゴールキーパーの目的は「点を入れさせないこと」であり「がっちりキャッチングすること」ではないはずですが、なぜかセオリーを守ることが目的化しているのです。

考えてみると、スポーツに限らず、日本社会の慣行はすべて「セオリーを守ること」が目的化しています。

有給は取らない、という暗黙のルール
上司より先に帰らないほうが「頑張っているとみなされる」ルール
etc

太平洋戦争の頃から、日本人は「臨機応変」というのが非常に苦手です。

これは教育ゆえなのか、国民性なのか、わかりませんが、いかんせん21世紀にこんなんでは先が思いやられます。

スポーツの守備の記事を読んでちょっと思ったことです。