読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

こんな発言したら人がどう思うだろうか?

半分昨日の続きですが、私が「バカ」だと思う人間の一つの条件が「この発言をしたら相手がどう思うか」という想像力が欠如してる人です。

明らかな「ひがみ発言」をしてしまう人なんかが典型ですが、「この発言をしたら人がどう思うか」と考えたらそんな恥ずかしい発言はできないと思うのです。

例えば、足立区の普通のアパートに住んでいる人が「港区のタワマンとか住んでるやつは見えっ張りだ」などと言っていると、見ている方が恥ずかしくなります。

専業主婦になりたくてもなれなかったパートで働いている主婦が「旦那さんに食べさせてもらって恥ずかしくないの!」と専業主婦に発言したり、とかも。

「事実」がどうであれ、そんな事はどうでも良いのです。

問題は、「それを聞いた人間がどう思うか」です。

FBでも「こんな投稿したら人がどう思うだろうか?」と少し想像する必要があります。

明らかなただの自慢みたいな投稿ばかりする人も「こんな投稿したら人がどう思うだろうか?」とちょっと考えてみたらいいでしょう。

私は少なくとも自分の投稿に否定的な人も一定数いるだろう、と考えています。

「なげーよ」
「ひまなのかな?」
「インテリぶってんじゃねーよ、タコ」
「リア充じゃないからオナニーでこんな投稿ばっかしてんのかな?」
「マウンティングとかランキングとか好きなくだらないやつだな」
etc

こんな反応もあるだろうと当然予想しています。

それぐらいの想像力を働かせないと単なるピエロです。

「こんな発言したら人がどう思うだろうか?」

常に考えるべきでしょう。