読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

トライアル

今日戦力外通告をけたプロ野球選手のトライアルの番組を見ていました。

プロスポーツ選手の世界というのは無慈悲なものです。(まぁ、プロスポーツに限らず社会全般に言えることかもしれませんが)

そもそも鬼のように才能がある連中が集まってきて、その中の上澄みだけが生き残る世界だからです。

ハンカチ王子こと斉藤選手もまるで勝てずに「才能の限界見えた」などと揶揄されていますが、神宮で20勝以上してプロで14勝しているだけで「とてつもない野球の才能」があるわけです。

マー君といまだに比較をするからたいしたことないように思えてしまうだけで、斉藤選手も十分スーパーです。

このような番組を見るにつけ、「努力すれば成功する」なんて本気で努力してモノにならない人間には絶対言ってはいけないなと思いました。

成功した人は努力しています。

しかし、努力しても結果が出ない人の方が世の中には圧倒的に多いのです。

社会とは無慈悲なもので、どれだけ努力してきたか、どれだけ家族が頑張ってきたか、など考慮に入れてもらえません。

厳しいですが、それが現実です。

「努力すれば成功する」なんて戯言ですよ。