読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

なぜ私が政治や経済の話をしないのか

私は毎日淡々とこのようなブログを書いていますが、こういったブログで書くべきことと書くべきではないことがあるように思います。

私はいつも思うのですが、政治レベルの「べき論」などを高らかとブログやFacebookで発言している人がいますけど、申し訳ないけどただのマスターベーションにしか思いません。

果たして社会に対してどれだけ影響力があるのか?

ちょっと考えてみたらほとんど無意味であることに気づきます。

私がこのブログで政治的な意見を述べたところで、それは私の自己満足であって社会を変える力など全くありません。

ですからこのブログでは徹底的に「純粋に知的で面白いこと」にトピックを限定しています。

ただ単に読んで面白いことであれば、仮に読者が1人でもそれは意味がありますが、具体的な政策レベルの提言とかになってきますと、正直かなり偉い人が言わない限り意味がありません。

Facebookやブログで細々と政治的な発言をする位ならば、まずは偉くなることの方が先決です。

誤解を恐れずに言えば、政治や経済などについては、与党の政治家か事務次官、またはそこに影響力のある超一流の学者くらいにならない限り何を語っても無意味です。

政治を語るというのは、ただ単に「俺はこんな鋭いことを考えてるインテリなんだぜ!」マウンティングのツールでしかありません。

え?

「俺は本当に社会を良くしたくて語ってるんだ!?」

なら、もっと具体的にやることがあるでしょう?

Facebookやブログでチマチマ政治を語ったところで実質的には無意味であり、あなたのオナニーであることに気づきましょう。

社会とは無慈悲なもので、結局何を言っているかよりも誰が言っているかの方が政治においては重要なのです。

ですから、私はこのブログでそういったあまり意味のない発言をするつもりはありません。

あくまで政治といったレベルではなく、個人としてどうすれば人は幸せになれるのか、といったトピックを中心に論じていきたいと思ってます。

よろしくお願いします。