読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

アングロサクソンが悪たらしい

何度か英語業界についてお話ししてきましたが、私は本当のそもそものレベルでむかついてる事があります。

大体なんで世界共通語が英語なんや?

という素朴なレベルでむかついてるわけです。

いや言っても仕方ないんですよ。

恨むなら世界史を恨むしかないんです。笑

しかし、ちょっと比較言語とかカジったらわかりますが、日本語と英語ほど文法・語彙・発音あらゆる点が離れている二言語もありません。

ドイツ人やフランス人なんて母国語と英語が似ているからすぐに英語なんてできるようになります。

同様にわれわれは韓国語が一瞬でマスターできますが、今の世界秩序で韓国語を学ぶというのは「趣味」でしかなく、全く実用レベルでは使えません。

はっきり言って、日本語がネイティブ言語というだけでわれわれは今の世界で「持っていない」人種だと思います。笑

(鈴木孝夫先生は、このことについてちょっと面白いことを言ってらっしゃいますが)

別に日本は否定しませんけど、なぜこんなに日本語と英語は違うのか、私は恨みたい。呪いたい。

こんなんだから学術の世界ランキングでも日本は体たらくになるわけですし、国際会議でもナメられて不利になるわけですから(身長を含めた日本人の見た目がしょぼいというのもあるかもしませんが、そもそも「美の基準」が西欧寄りなわけで、その時点で不利)ああ原辰徳。(苦笑)

なので私の今の関心は、「なぜヨーロッパで合理主義が生まれヨーロッパが覇権を握っているのか? それはある種偶然なのか、ある程度の必然性があったことなのか?」という点であります。(cfシュペングラー、ウォーラーステイン)

そもそも今の世界史の記述が西欧寄りになってるわけで、実はイスラムが強い時期もあったとか、いろいろな話がありますよね。

アングロサクソンが憎たらしいです、ええ。