読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

範囲外

最近ちょっと炎上していたネタですが、小学生がとある問題を掛け算で解いたところ、「掛け算は習ってないので使わないでください」と×が来たとか。

模範回答では、足し算だけで答えないといけないらしいです。

この事件は、教育に関する様々な示唆を与えてくれます。

「範囲内じゃないと×」といった誰にとってもプラスにならない減点法を採用してるのはホントにセンスがないですね。

公立の小中学校の先生というのは、自身がそこまで勉強ができた人ではないので、「できる人間に対する独特のルサンチマン」があるように感じます。

私が小学生の時も、中学受験をする生徒たちが新しい解法等を紹介すると、教師は妙に煙たがるのです。

私なんか素直に、「そんな方法もあるのか」と感心していましたけど、先生は見るからに面白くなさそうなのです。

「小役人」的な態度なわけです。

できる子たちがどんどん良い方法を紹介してるのに、「教科書に載っていないから」などといった屁理屈を言うのは、「教育者」としてあるまじき態度ではないでしょうか。

それから派生論点ですけど、小中高で「縦割り行政」みたいな教育はほんとにやめたほうがいいです。

特に算数・数学などは、中学受験と高校受験のせいで、「自然な順番」で学ぶことができなくなってしまってます。

中学受験の算数などははっきり言って「ムダ」です。

「小学生の範囲」という謎の縛りがあるから、怪しい「何とか算」が幅をきかせるわけです。

さっさと方程式や微分をやってしまえばいい。(能力がある子向けには)

数学の世界に「範囲」などないのですから、能力がある子たちに関しては、小学校高学年位から方程式・関数の考え方を取り入れた方が実は「自然」です。

理学部数学科の友人も言ってましたけど、中学受験の問題が難しいのは、「小学生の範囲で無理矢理難しい問題を作っているから」であって、その「難しさ」というのはあまり「意味のある難しさ」ではないらしいのです。

「微分という概念が難しい」のと「難関中学の算数が難しい」のは質的にどうやら違うらしいです。

微分が難しいのは、「人類が必死に生み出した英知だから」ですが、難関中学の算数が難しいのは「わざと難しくしてるから」というだけです。

たしかに、中学受験の算数が一定程度「地頭」を鍛えるのに寄与しているのは認めますが、それは「結果オーライ」なだけで、「なんとか算」とかパズルみたいな図形のような、「数学」という学問からほど遠いようなくだらないことをやるくらいなら、方程式や微分をさっさとやったほうがいいです。

「範囲」など気にせずに、「その学問の正統的手法に沿った」勉強を子供にやらせたいものです。

特に能力のある子どもその方が伸びますよね。