読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

ネット上に権力者はいない

最近の某広告代理店や有名大学の不祥事に関する記事を読むにつけて、インターネット社会の利点が再確認できました。

これからの時代は何かを「隠す」ことが年々難しくなるでしょう。

さすがに北朝鮮や中国のようにインターネットの接続レベルで検閲をされると厳しいですけど、そうでもない限り、これからは口裏を合わせた隠蔽工作など無力化するでしょう。

テレビのキー局しかない時代であれば、例の広告代理店のニュースがテレビに出てくることはなかったと思います。

しかし、「もみ消す」ことはもうできないのです。

もう20年位前に、みのもんたの子供(御法川君)が高校在学中に非常に大きな問題を起こしましたが、みのもんたの権力ですべて揉み消したことを私は知っています。(共通の友達がいるので)

しかし、今なら許されないでしょう。

これからは、誰かが何か悪いことをして、それが社会的に問題であればFacebookやTwitterを通して「公開処刑による社会的制裁」が誰でも無料でできます。

私もこれからはこれまで以上に悪いことができないなぁ、と他山の石にしています。

まずは悪いことをしないのが第一ですが、解釈次第で悪く取られかねないことをする場合、絶対に物証を残しちゃだめですね。