読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

お手頃感のある女

こないだですけど、男女複数人で飲んだ時に、「私全然モテないんです」と言う女性(Kちゃん)に男性(M君)が「お前はお手頃感がないんだよ」と言っていました。

うーん、たしかに。

Kちゃんは容姿端麗でスタイルもいい。

東京外大の英語科を卒業し、現在某有名企業に勤めている。

TOEICは満点らしい。

ちょっと「お手頃感」がないのかもしれませんね。

完璧すぎるという事でしょう。

「高嶺の花」なんですね。

たしかに「お手頃感」というのは女性がモテる上で大切な要素かもしれません。

「お手頃感」というタームがちょっと「嫌」な感じだと思う人は、「親しみやすさ」と置き換えてくれたらいいでしょう。

新垣結衣や石原さとみが人気があるのは、めちゃくちゃ可愛いのにもかかわらずどこかで「親しみやすさ」をみんなが感じるからでしょう。

それに対し、北川景子や沢尻エリカには全く親しみを感じません。

お手頃感ゼロです。笑

エビちゃんが人気があるのもお手頃感があるからでしょう。

これは男性にも当てはまるかもしれません。

やはりある程度手が届きそうな人間の方が人気が出るものです。

「お手頃感」。

なかなか面白いワードをくれたM君に感謝します。笑