読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よく生きる」

自称辣腕経営者が人間や社会について淡々と語ります。代官山と港区海岸のタワマンに住んでいます。京大法学部在学中には有名予備校で講師をしていたので、外国語や教育について特に関心があります。

頭がいい、という承認

こないだもアフィリエイト広告で英語や資格、塾等の単価が高いというお話をしましたが、これは結局「頭がいい」ということを現代の日本人がものすごく重視してるということなんでしょう。

それが自分の中でデフォルトの人はあまり気づかないかもしれませんが、資格や教養、学歴といったものはそれがない人から見ると「とてつもなく欲しいもの」なのです。

世の中には様々な承認の要素があります。

「背が高いね」
「お金持ちだね」
「アソコかたいね」
「努力家だね」

いろいろな承認がありますが、現代人が褒められて最も嬉しいポイントの1つが「頭が良い」という価値です。

私なんかはそこそこ英語が話せますから、クラブなり六本木なりで英語を話していると、「わあ、英語話せるんだ」みたいな反応になります。

まぁ実際大した事は話してないんですが、それでもちょっと英語を話せるだけで承認されるわけですけど、この承認の嬉しさというのは、タワマンや車を褒められるよりずっと嬉しいものです。

「ブログ(本)面白いですね」という承認もやはりお金を褒められるよりずっと嬉しいです。

同じように、酒の席で「実は私医者です」、「実は私東大です」、「実は私京大です」というだけでとてつもなく尊敬されたり承認されたりします。

この承認もやはり他のことを褒められるより圧倒的に嬉しいと思います。

これは私の主観もあるのかもしれませんが、頭がいいという承認は現代社会で圧倒的な価値を持ってると思います。

どれだけ億万長者でも馬鹿だったら恥ずかしいと内心思ってるはずです。

特に男性に関しては。

私の友人で本当にこの人は富も名声もすべてを持ってるんじゃないかという位の人がいますが、そんな彼が最後に求めたものは「高田馬場にあるW大のMBA」。笑

どれだけ仕事で評価されてもお金を持っていても美人の奥さんをもらいかわいい子供が生まれても、「『完璧な人生』のパズルの最後のピース」は何とも情けないことに「W大の学位証」だったのです。笑

彼はどれだけ仕事ができてどれだけお金を持っていてもそのピースだけは欲しくて欲しくて仕方なかったんでしょう。

やはり「頭が良い(を厳密に定義すると難しいのでここでは一応「世間がそう思ってる」という程度にお考えください)」という承認は皆さんが死ぬほど欲しい承認です。

まぁこれも原始時代や戦国時代なら違う価値が評価されていたわけで、現代社会ではそういった価値を重視するのは「たまたま」であると頭の良い人間も謙虚になるべきですが、そうは言ってもいかんせん教養や語学力などはとてつもない価値を持ってるわけです。

広告の単価でわかる、現代社会の価値観について。

承認欲求について

この投稿でも「承認欲求」というワードは69回ぐらい使ってきましたが、私は自説として「人間のほぼ全ての行動は承認を求めている」と常々述べています。

これに関して私は日ごろから「欺瞞」を何度も指摘してきました。

「いや、別に人の目というより自分の目かな」
「別に港区にこだわってるわけじゃなくて、たまたま海が見えるから港区にしただけだよ」
「自分が納得すれば人の評価とか関係ないっすよ」
etc

様々な欺瞞と嘘を暴いてきましたが、そもそもなぜ人は「人の目なんて関係ないっすよ」みたいなことを言いたがるんでしょうか?

それはおそらく教育や社会の雰囲気として「人の目を気にしていることは低俗なことで、自分の信念に従っている事が高尚なことだ」という「刷り込み」があるからです。

冷静に先入観を抜きにしてゼロベースで考えてみたときに、「人の目を気にすること」が悪いという意味がよくわかりません。

「人の目を気にするのはよくない」という考えがそもそも壮大なドグマであり洗脳です。(この理由については以下の※に)

アリストテレスも言っているように人間は社会的な動物ですから、自己を定義するには他者の目が不可欠で、他者の目を抜きにした自己など存在しえません。

「人の目なんて関係ないっすよ」という趣旨の発言が途方もなく浅いのは、結局「人の目なんて関係ない」と達観してかっこつけてる自分がかっこよく、それによって他者からの承認を渇望しているという根源的な矛盾があるからです。

「人から認められるとか関係ないっすよ」と言うことによって実は人に認められたいという矛盾があるのです。

そもそも人間は社会的な動物であり、社会から切り離された「やりたいこと」も「自分の目」も存在しえないことに気づかないといけません。

みなさんも「人の目なんて関係ないっすよ」的な達観ぶる輩がいたら「そうやって発言してること自体が承認を求めているのではないの?」と論破してやって下さい。

ある程度頭が良い人間ならその論理矛盾に気づくはずですが、あまりに頭が悪い人間だと「いや、それとこれは違うよー」などと苦し紛れの言い訳を言いそうですが。。。笑

※結局「人の目を気にしないで自分の信念で生きるのがかっこいい」という刷り込みやドグマがあるからです。

そしてそういったドグマがなぜあるのかまで考えてみると、日本人が特に人の目を気にする人種だからです。(cf 世間、阿部謹也)

日本は階級社会ではないですから、それなりにみんなが中流だと思っているからこそ人の目を気にするんでしょう。

貴族と平民位差があれば、お互い気にする必要もないわけですから。

本来的に人の目を気にする人種だからこそそのアンチテーゼとして「人の目を気にしない方がかっこいい」という社会通念が生まれたのではないでしょうか。

みんな生物のレベルではセックスがしたいからこそ、「下ネタははしたない」という社会通念が生まれたように。

リバースサイコロジーですよね。(あまのじゃく)

藤沢かずき的な話

ここでお話しするのは極めてくだらないことですが、私は藤沢かずきの次のポジションを狙ってる人間ですから、恋愛について色々と思うところを述べさせていただきたい。

最近感じるのは、男女のモテ要素で、「決定打ではないがある一定の要素を兼ね備えている上でそれを持っているとグインと評価が上がる要素」というのがあります。

例えば男性の身長。

別に170センチ以上位であればそこまで男性の身長は競争力ではありません。

少なくても東京の典型的な女性に対してはそこまで競争力ではないでしょう。

年収300万円のフツメンが身長175センチでも身長168センチでも評価はほとんど変わりません。

しかし、年収1000万円のイケメンが身長180センチなのと同じ条件で身長168センチでは天と地ぐらいの差があるでしょう。

こないだ妻夫木聡に会いましたけど、やっぱり鬼イケメンですがすごく背が低いので総合評価としていまいちと言わざるを得ないです。

向井理との差は歴然です。

東京の恋愛マーケットで、競争力として必須アイテムと加点事由アイテムがあるような気がします。

別にブサメン貧乏で身長が高くてもしょうがないわけですが、イケメン高所得で身長が高いと鬼のように映えるわけです。

私は昔CAオタクだったのですが、CAというブランドも別に可愛くなかったら特に意味がないわけですが、やや可愛い女性がCAだったりすると、おそらく一般のOLの1.4倍ぐらいモテるわけです。

男性の身長に似ています。

そしてじゃあ必須アイテムは何なんだと言われると、それを露骨すぎるので言えませんが、一応言っとくと(結局言うのですか)、男性は顔と年収、だいぶ重要度が落ちて学歴、職歴。
女性は顔とスタイルと若さ、締まり。

こういった話をしていると必ず「そんな表面的な所で人を選んでるようじゃまだまだですな」、「何も本質が見えてないね」なんて綺麗事を言う人が必ずいるのですが、そういった方は「私はそういったことを重視しない」という意見で一般論を考えているわけです。

残念ながら恋愛マーケットはそうはなっていないのです。

そして私はそれについて悪いと思っていません。

なぜならば、世界には50億人の人間がいてすべての人間を逐一判断するわけにはいかないからです。

新卒の学歴フィルターと一緒で、ある程度足切りするのは仕方ないわけです。

一般論にしていいこと悪いこと

人間とは何故か自分の体験を一般論として他人にも当てはまるべきだと考える動物のようです。

例えば、外資系企業で働いていてクビになった男性が「やっぱり労働環境がきついし外資系企業はだめだね」なんて言ったりしますが、これもめちゃくちゃな一般化です。

それが当てはまる人も当てはまらない人もどちらもかなりいるのではないでしょうか。

それから私の友人で外資系金融機関で働いてる男性は、同僚の女性と結婚し最近離婚したのですが、彼は「やっぱりキャリアウーマンは結婚相手として適さない」と結論付けていましたけど、これもかなりめちゃくちゃな一般化です。

キャリアウーマンと結婚して順風満帆な人生を送っている人もたくさんいるわけですから、この一般化もいまいちです。

私は思うのですが、世の中の現象には一般化して良いものと悪いもの、一般化に適するものと適さないものがあるような気がします。

例えば、身長とか所得とかペニスの大きさとかある程度平均値や中央値にかたまっているものに関しては平均値や一般論でお話をすることに意味があります。

しかし、生き方とか恋愛とかそういったお話に関しては、一般化など意味がなく、属人的に判断するべきとしか言いようがありません。

世の中には一般論で語って意味があることと意味がないことがあるような気がします。







四谷学院のCM

この季節は、受験産業に従事している者ならご存知の通り、「浪人生」を囲い込む一年に一回の大イベントです。

 
首都圏限定の話ですが、四谷学院の広告は有名です。
 
「なんで私が◯◯大に」という毎年お馴染みのアレです。(◯には東大早慶などが入ります)
 
これはアフィリエイトをやる人間にとって非常に参考になる広告です。
 
何でもそうですが、「一握りの限られた人間にしかできない」のであればほとんどのお客さんは顧客ターゲットではなくなります。
 
「なんで私が」が味噌ですよね。
 
ギリギャルもそうですが、ありえないレベルから飛躍したからこそうまみがあるわけです。
 
女の子のモデルにしても、絶世の美女ではなく、えびちゃんやもえちゃんが流行るのも「手が届きそう」だから。
 
どんなビジネスでもミソは「誰でも届きそう」というところです。
 
「何で私が」もギリギャルも、よくよくヒストリーをたどっていくと、元の頭が良かったり、家庭環境が恵まれていたり、実は「何ら驚きはない」場合がほとんどなのですが、そんなほんとのことを言ってしまったらビジネスにならないので、「不都合な真実」はふせ、「何で私が!?」と消費者を煽るわけです。
 
およそ都会のビジネスとはこのように成り立っているのです。
 
四谷学院のCMは社会の縮図です。
 

理由はアンビバレントで良いという話

こないだ私の尊敬するXさんが埼玉県から港区に引っ越したんですが、「別に港区にこだわってたわけじゃないんだよ、たまたま条件に合致しただけ」と言っていました。

これはちょっと欺瞞ですよね。

人間の心というのはアンビバレントです。

「いや、別に条件がたまたま適合したから港区にしただけですよ。こだわっていないんですよ」というのはやはりどう考えてもかっこつけすぎでウソです。

「念願の念願の港区」が嘘偽りのない本音でしょう。


「便利で海も見えるし、やっぱり港区ってブランドはいいよね」というのが正解であって、「全くこだわってなんていない」はさすがに嘘でしょう。

なんで官僚になったのか?

それも「国の屋台骨として国家に貢献したいし、でもやっぱりちょっとステータスも欲しいし女の子にもモテたいかな」というのが大多数の人間の本音であって、そこで「いや、俺ステータスとか人の目とか興味ないんすよ」なんて完全にウソですからね。

なんで医者や総合商社の男性と結婚したのか?

それは「人間性や人柄もいいし、イケメンだし。あとやっぱり最後に経済力も魅力だと思った」。

これが本音でしょう。

およそ人間が何か選択するときに理由は一つである必要はありません。

相反するような感情を持っているのが人間であり、別に私はそれでいいと思うのです。
あんまり断定的にかっこつける言い方は、人間の本性に反してますし、頭がいい人だとは思いません。